適度に目を休ませる頻度って?

今までの興味あることをまとめ

MENU

目の休憩はこまめにしておく


眼精疲労と視力低下を防ぐには、適度に目を休ませてあげなければなりません。では「適度に目を休ませる」とはどのくらいの頻度なのでしょう。

 

1時間に1回なのか。半日に1回なのか。それとも1日のうち、たった数回なのか。せっかく目を休ませたとしても回数が足りなければ効果が期待できません。

 

目のためにも、しっかりと“正しい目の休め方”をしましょう。目を休める場合、理想的なのは30分に1回だと言われています。

 

30分に1回は手をとめて遠くを見たり、目を冷やしてあげる必要があるのです。意外と短くて驚いた人もいるかもしれませんね。

 

ですが、仕事中となると30分に1回も休憩するのは難しいでしょう。そこで“目のマッサージ”です。

 

遠くを見ていると「仕事をサボっている」と思われてしまいますし、仕事先で目を冷やすというのも厳しいですね。

 

そういう時は首をぐるぐると回したり、目のくぼみを優しく押してあげると楽になります。なお目のマッサージをする時は必ず手を清潔にしておいて下さい。

 

汚れた手で目に触れると殺菌が入り込み、目の病気を引き起こす可能性があります。しっかりと目を休ませていれば、眼精疲労や視力低下を幾分か防げるはずです。